徳島バスが応援するとくしまの情報ブログ!


by toku_pro
カレンダー

<   2009年 03月 ( 19 )   > この月の画像一覧

e0146338_1715830.jpg

【見どころ】
樹齢400年を超え、幹回り4.5m、高さ20m以上といわれる県指定天然記念物のエドヒガン桜。 また幹が3本に分かれ、左右へも大きく枝が広がり高さ同様20mを超える。 エドヒガン桜としては、県内最大(?)。  また帰り道の桜並木も美しい。  晴天に映える桜の写真を撮りに県外からも多くの方が見にきていました。


e0146338_1721859.jpg人と比べるとその大きさがわかる。おお~きい
e0146338_1722770.jpg帰り道。
今から、この桜の下をとおって帰ります。どんな景色だろう。

e0146338_1724067.jpg伴田の桜。

e0146338_1725055.jpg吉良の桜も見事だったけど、帰り道も撮影スポットがいっぱい。
e0146338_17258100.jpg
e0146338_173793.jpg



【開催期間】
3月下旬~4月上旬頃は、ライトアップもされます。
撮影日 2009.03.29


【お問い合わせ先】
つるぎ町商工観光課 0883-62-3111
場所 つるぎ町貞光吉良


【関連項目】
・貞光の町並み・・・・・二層うだつ
・永井屋敷(桃花遊々&月花遊々)



【地図】
下記、地図を参考にご来園ください。
(ただ今工事中。 しばらくお待ちください。)
[PR]
by toku_pro | 2009-03-31 16:45 | とくしまの花
e0146338_178721.jpg

【見どころ】(パンフレットより)
旧永井家庄屋屋敷(永井屋敷)は、近隣の民家(農家)と間取りを比較すると、明らかに趣を異にしている。永井屋敷の間取りは、庄屋としての特別な格式を備え、切妻瓦葦の表門、築地塀、母屋や蔵も現存し、その風格を現在に伝える貴重な歴史的文化遺産である。  またこれらの建物群が庭や屋敷林とともに一体をなして周辺の町並みとよく調和している。

この永井屋敷を舞台に、旧暦の節句に桃花遊々、10月に月花遊々を開催し、ひな祭りや中秋の名月を楽しむ会を開催している。

つるぎ町指定有形文化財。


【開催期間】
通年
撮影日 2009.03.29


【お問い合わせ先】
■つだつの町並み
・・・・・・・・・・ つるぎ町役場 商工観光課  TEL: 0083-6293111
■永井屋敷 <入館無料>
・・・・・・・・・・ TEL: 0883-62-2018、休館日:毎月第3水曜日・年末年始、営業:9~17時
■織本屋  <入館無料>
・・・・・・・・・・ TEL: 0883-62-2009、休館日:毎月第3水曜日・年末年始、営業:9~17時


【四国交通にのって観に行こう。】
運行路線・・・・・・・・・一宇線
最寄のバス停・・・・・・・中町
運行に関するお問合せは・・・四国交通本社 TEL: 0883-72-2171


【関連項目】
貞光の二層うだつの町並み
永井屋敷と(桃花遊々&月花遊々)
織本屋
吉良のエドヒガン桜


【地図】
下記、地図を参考にご来園ください。
e0146338_1774664.jpg

[PR]
by toku_pro | 2009-03-30 17:01 | とくしまの施設
e0146338_17232831.jpg

【見どころ】(パンフレットより)
JR貞光駅から剣山にかけての一宇街道。この街道には、二層うだつの町並みが現存する。 葉煙草や繭等で栄えた商業地帯である。 このなかで、織本屋は酒屋として栄え、うだつもあがっている。  織本屋のうだつは、下層部分が葦き下ろしで、上層部分は切妻造の二層うだつとなっていて、町並みにあるうだつのなかでも希少である。
明治期以降に建設された建物が多いなか、江戸時代の古いうだつの外観を維持しながらも、酒屋を営み、明治に幾度か改築・再建が行われいる。  

国登録文化財(平成18年)。
 

【開催期間】
通年
撮影日 2009.03.29


【お問い合わせ先】
■つだつの町並み
・・・・・・・・・・ つるぎ町役場 商工観光課  TEL: 0083-6293111
■永井屋敷 <入館無料>
・・・・・・・・・・ TEL: 0883-62-2018、休館日:毎月第3水曜日・年末年始、営業:9~17時
■織本屋  <入館無料>
・・・・・・・・・・ TEL: 0883-62-2009、休館日:毎月第3水曜日・年末年始、営業:9~17時


【四国交通にのって観に行こう。】
運行路線・・・・・・・・・一宇線
最寄のバス停・・・・・・・中町
運行に関するお問合せは・・・四国交通本社 TEL: 0883-72-2171


【関連項目】
貞光の二層うだつの町並み
永井屋敷と(桃花遊々&月花遊々)
吉良のエドヒガン桜


【地図】
下記、地図を参考にご来園ください。
e0146338_1765080.jpg

[PR]
by toku_pro | 2009-03-29 17:04 | とくしまの施設
e0146338_16355582.jpg

【見どころ】
旧暦の桃の節句にあわせて、永井屋敷を舞台に開催される『桃花遊々(とうかゆうゆう)』。

永井屋敷の門をくぐれば 時代を経た あどけない顔
訪れた人を やさしく迎えてくれる
素朴で  なんとなく  懐かしい心温まる
「つるぎのまちの ひなまつり」

うだつの町並み、 春爛漫。。


飾りつけは、メンバーが山や河川敷から切りだした手作りし、2週間前から準備。また当日限定のイベントや商工会女性部による2コイン(200円)レストランも開かれる。

e0146338_16362043.jpg
e0146338_1636283.jpg
e0146338_16363788.jpg
e0146338_16364851.jpg
e0146338_1637387.jpg
e0146338_16371261.jpg
e0146338_16373695.jpg
e0146338_16374448.jpg
e0146338_16375390.jpg
e0146338_16382100.jpg
e0146338_16381344.jpg
e0146338_16382185.jpg



【開催期間】
毎年3月の最終土・日   (2009年は3月28日(土)・29日(日)10~16時
撮影日  2009.03.29


【お問い合わせ先】
■主催(桃花遊々)<入場無料>・・・・・・・・・・ つるぎ町商工会女性部 
■二層つだつの町並み
・・・・・・・・・・ つるぎ町役場 商工観光課  TEL: 0083-6293111
■永井屋敷 <入館無料>
・・・・・・・・・・ TEL: 0883-62-2018、休館日:毎月第3水曜日・年末年始、営業:9~17時
■織本屋  <入館無料>
・・・・・・・・・・ TEL: 0883-62-2009、休館日:毎月第3水曜日・年末年始、営業:9~17時


【四国交通にのって観に行こう。】
運行路線・・・・・・・・・一宇線
最寄のバス停・・・・・・・中町
運行に関するお問合せは・・・四国交通本社 TEL: 0883-72-2171


【関連項目】
貞光の二層うだつの町並み
永井屋敷と月花遊々
織本屋
吉良のエドヒガン桜
ビッグひなまつり&奥ひなまつり(勝浦町)


【地図】
下記、地図を参考にご来園ください。
e0146338_1774664.jpg

[PR]
by toku_pro | 2009-03-28 16:16 | とくしまの観光地
e0146338_1612297.jpg

【見どころ】
脇町のうだつ、だけじゃない。  貞光にもうだつの町並みが今なお残っている。しかも『二層うだつ』。
『うだつ』の豪華さ絢爛さを堪能するなら、ここ。 町並みは電柱等もあり、若干、脇町ほど整備されていないが、うだつ一つ一つの創りはすごい。  まずは一見。見てみてください。 ファンフレット片手に歩いてみてください。

e0146338_16125937.jpg①二層厨子上下共切妻型

e0146338_1613880.jpg②単層二階切妻型

e0146338_16131866.jpg③二層厨子上下共切妻型

e0146338_16142614.jpg④単層二階切妻型

e0146338_1614367.jpg⑤単層厨子切妻型

e0146338_16144954.jpg⑥二層厨子上下共切妻型

e0146338_1615124.jpg⑦二層厨子上下共切妻型

e0146338_16151293.jpg⑧二層厨子上下共切妻型

e0146338_1637946.jpg⑨単層二階切妻型

e0146338_16153811.jpg⑩二層厨子上下共切妻型

e0146338_16155176.jpg⑪二層厨子上切妻下寄棟型

e0146338_16161371.jpg⑫二層厨子上切妻下寄棟型

e0146338_16162314.jpg⑬道しるべ

e0146338_16163553.jpg④海鼠(なまこ)壁

土蔵・塗屋などの外壁に方形の平瓦を貼り、その目地(めぢ)を漆喰で蒲鉾(かまぼこ)形に盛り上げたもの。

e0146338_16164843.jpg

磯(防火)

e0146338_16171640.jpg

いちょう
e0146338_16172930.jpg

白虎(あ・うん)

e0146338_16174233.jpg

鯉の滝登り(立身出世・防火)

e0146338_16175429.jpg

本家宇山(家号)

e0146338_1618667.jpg

松と鷹(魔除け・縁起)

e0146338_16181610.jpg

亀(長寿・防火)

e0146338_16183355.jpg

うだつの軒飾り(翁姥)



【開催期間】
通年
撮影日 2009.03.29


【お問い合わせ先】
■つだつの町並み
・・・・・・・・・・ つるぎ町役場 商工観光課  TEL: 0083-6293111
■永井屋敷 <入館無料>
・・・・・・・・・・ TEL: 0883-62-2018、休館日:毎月第3水曜日・年末年始、営業:9~17時
■織本屋  <入館無料>
・・・・・・・・・・ TEL: 0883-62-2009、休館日:毎月第3水曜日・年末年始、営業:9~17時


【四国交通にのって観に行こう。】
運行路線・・・・・・・・・一宇線
最寄のバス停・・・・・・・貞光北町・中町・南町
運行に関するお問合せは・・・四国交通本社 TEL: 0883-72-2171


【関連項目】
永井屋敷と(桃花遊々&月花遊々)
織本屋
吉良のエドヒガン桜


【地図】
下記、地図を参考にご来園ください。
e0146338_15212958.jpg



【パンフレットより抜粋と取材しての感想】
貞光は、江戸中期以降の郷町で、商業と交通の要衝として栄えました。昭和30年頃までは、葉煙草・繭等の収入で、日用品・薬品等を購入する人々で賑わい、脇町とならんで二大商業地を形成しました。一宇街道(剣山街道)沿には、現在も数多くのうだつを見ることができ、当時の繁栄が象徴されています。

『うだつ』は、当初の目的は防火・防風のための建造物でしたが、時代とともに装飾化され、特にその屋根の先端は人目につきやすいことから様々な工夫が凝らされてきました。 その装飾も、最初は鬼瓦を乗せる程度でしたが、さらに鳥衾(とりぶすま)・宝珠(ほうじゅ)・家紋で装飾させるようになりました。 

また、よく見ると、能の高砂の翁姥の装飾・亀・戎様等の装飾も現存し、夫婦和合・長寿・繁栄・商売繁盛等の願いが装飾されています。

また貞光の『うだつ』は、二層創りも現存し、二層厨子上下共切妻(寄棟)型・二層厨子上切妻下葦き下ろし型などなどの建築で、単層のものとあわせ、美しい町並みとなっている。 白壁そのものにも、「あ・うん」や「鯉の滝昇り」などの彫刻が施されたものもあり、アクセントとなっていて、見ていておもしろい。 平成の時代と変わってきたが、よく残っているものだ、また脇町のように残るようにしてほしいものだと思った。
[PR]
by toku_pro | 2009-03-27 15:08 | とくしまの町並

あづまや製菓


e0146338_1603045.jpg
【店主さまより、ご挨拶】
≪限りない感謝の気持ちを込めて≫ お届けしたい阿波の郷土銘菓。

安心・信頼
お客様へ安心と信頼をお届けできるよう、つねに心がけております


【店舗の紹介】
貞光店     美馬郡つるぎ町貞光字町40  TEL:0883-62-2105
小島国道店  美馬市穴吹町小島  国道192号線沿
HP       あづまや  http://kinrobai.com/


【お菓子のご紹介】
・・・・・通年で販売されているお菓子や季節限定のお菓子等、多数揃えてお待ち申し上げています。
あづまやHPもあわせて、ぜひご覧ください。
e0146338_1604670.jpg金露梅

新鮮なミルクと黄味を存分に使ってチョコレートでコーティングしました。
全くユニークな銘菓です。
e0146338_160556.jpg銀露梅

カステラに大納言の風味を生かした焼菓子です。

e0146338_161492.jpg柚子のかくれんぼ

乳菓黄味アンの中心に、ほんの少しゆずジャムを入れました。

e0146338_1611396.jpgゆうゆう芋

鳴門金時を使用したお芋のお菓子です。



【観光地】
・貞光の町並み・・・・・二層うだつ
・永井屋敷(桃花遊々と月花遊々)
・剣山


【あづまやさんへは(場所・行き方)】
場所・・・・・地図は、あづまやHPをご参考に。
[PR]
by toku_pro | 2009-03-26 18:04 | とくしま甘味処

e0146338_1714334.jpg
【見どころ】
一番のみどころは、入り口にある『メタセコイヤ』。なんと日本一。昭和36年に植樹され現在では幹周4.1m、高さ40数mもあり、まだまだ成長中。

そして、さすが植物園。 通年をとおして花を見ることができます。
5・6月にはオオヤマレンゲ、7・8月には、徳島県の最高峰『剣山』を代表する花『キレンゲショウマ』等々を楽しむことができます。

e0146338_17151888.jpgメタセコイヤの木。

でかいです

e0146338_1716132.jpgレンギョウ

毎年3月下旬~4月上旬にレンギョウ祭りが開催されます。

e0146338_17145549.jpgもり植物園の入り口

e0146338_17163490.jpg道中

国道438号線からもり植物園までの間


【開催期間】
通年  10:00~16:00
撮影日 2009.03.23


【お問い合わせ先】
もり植物園   TEL: 088-677-0607 名西郡神山町上分字金泉

もり植物園は、平成5年4月に杜夫妻によってい山林を開発して現在の規模になりました。
植物へ関心をもってもらい、また自然保護の精神を植物をとおして養う目的があります。


【徳バスにのって観に行こう。】
運行路線・・・・・・・・・徳島-寄井間は徳島バスが運行。寄井からは神山町営バスが運行します。
最寄のバス停・・・・・・・
時刻表・・・・・・・・・・ここをクリックしてください
運賃(大人)・・・・・・・・(寄井まで)徳島駅から、1,000円
運行に関するお問合せは・・・徳島バス運輸課 TEL(088)622-1811


【関連項目】
・徳島動物園 & 徳島植物園
・明王寺のしだれ桜
・菜の花・・・・・大久保の里
・菜の花・・・・・江田の棚田


【地図】
下記、地図を参考にご来園ください。
(ただ今工事中。 しばらくお待ちください。)
[PR]
by toku_pro | 2009-03-25 16:34 | とくしまの花
e0146338_175238.jpg

【見どころ】
樹齢、約50年と60年のしだれ桜が2本あり、うち1本は白壁を乗り越え、境内より外の道まで垂れ下がる勢い。 境内では地面に届くほど垂れ下がっている。 平日でも写真を撮る人達でいっぱい。 休日ともなると、香川県等の県外ナンバーも訪れるほど。 3月末の土日には、恒例の『しだれ桜まつり』が開催されます。

e0146338_1754312.jpg
e0146338_1755356.jpg
e0146338_17646.jpg
e0146338_1761316.jpg
 

【開催期間】
3月中旬~4月上旬。 見ごろは、3月末まで。
撮影日 2009.03.23

【お問い合わせ先】
神山町観光協会  TEL:088-676-1118

【徳バスにのって観に行こう。】
運行路線・・・・・・・・・神山線
最寄のバス停・・・・・・・(終点)神山高校にて、神山町営バスにお乗り換えください。
              町営バスにて、宮前橋下車、徒歩10分
時刻表・・・・・・・・・・ここをクリックしてください
運賃(大人)・・・・・・・・徳島駅から、1,000円(徳島-神山高校間)
運行に関するお問合せは・・・徳島バス運輸課 TEL(088)622-1811

【関連項目】


【地図】
下記、地図を参考にご来園ください。(この地図は、神山町HPよりいただきました)
↓↓↓ 周辺地図 ↓↓↓
e0146338_1716386.jpg

↓↓↓ 拡大地図 ↓↓↓
e0146338_17161835.jpg

[PR]
by toku_pro | 2009-03-24 16:26 | とくしまの花
e0146338_14401992.jpg

【パンフレットより】
天女がくれた霊泉の湯『神山温泉』。 ゆったりと里山に癒される至福の時。

~里山にたたずむ「癒し」の湯~
西日本でも屈指の名湯を誇る神山温泉のたたずまいは、神山産の材木をふんだんに使用し、落ち着いた里山ならではの香りが自慢です。重曹を含む独特の食塩泉はややぬめりを含み、ゆっくり浸かるととても肌がつるつるして身も心もほかほかになることでしょう。地元で採取された青石を使った浴槽と、やさしい雰囲気の玉石を使った浴槽が、週替わりで男湯と女湯を入れ替えてご用意しております。

【見どころ】
春は温泉の裏にある、ふれあい公園の桜並木をお湯につかりながら愛で、毎年5月に開催する、『神山温泉まつり』ではアメゴのつかみどりをはじめ、神山温泉一帯でイベントを開催します。
また新府能トンネルの開通にともない、徳島からのアクセスが断然アップ。

【近くの観光地】
大日寺、藤井寺、焼山寺、雨乞の滝、道の駅・温泉の里神山、アメゴ釣り
乳いちょう、菜の花畑、上分の隠里。

【イベント】
毎月26日はふろの日
月替わりのイベント風呂も多彩
神山温泉まつり(毎年5月下旬に開催)

【温泉の泉質】
含重曹食塩泉

【営業等に関する事項 (2009.04.01現在)】
・・・・・改定なる場合がありますので、お問い合わせください。
・・・・・1名様の料金です。
(日帰り入浴)
    営業時間: 10:00~21:00(4月~9月)、10:00~20:00(10月~3月)
    料金:    大人600円、子ども300円
    定休日:   毎月第4火曜日(祝日のときは営業いたします)
(宿泊プラン)・・・・・(1泊2食付)
    平日限定プラン       
    山彩特別会席宿泊プラン(地産地消の食材を慈味をいかした調理で)
    里山満喫プラン(基本宿泊プラン、季節の里山を存分に満喫していただけるプラン)
    国産牛ステーキ付会席宿泊プラン(山海の幸に、国産牛ステーキ150gがついた)
    2人deリラックス宿泊プラン(夕食はグレードアップ会席&30分のマッサージ付)
    ・・・・・etc。
 
【その他、お知らせ】・・・・・当社とのコラボ企画。
徳島駅からのバス運賃と入浴券がセットになって、2,100円(360円もお得です)。
徳島駅前のりば案内所にて発売中。ご乗車前にご購入ください。

【スナップ写真】
e0146338_14405945.jpg道の駅

神山温泉前にある、道駅・温泉の里神山。春は桜がきれです。
e0146338_14411279.jpgお土産

『麦おこし』。はったいこを半ねりにしたお菓子。ソフトキャンディーみたい。道の駅・温泉の里神山で購入できます。お土産にどうぞ。

                                          撮影日 2009.03.23

【お問い合わせ先】
神山温泉  名西郡神山町神領本上角  TEL:088-676-1117   
神山温泉HP

【徳バスにのって観に行こう。】
運行路線・・・・・・・・・神山線、延命・名東経由
最寄のバス停・・・・・・・神山温泉前、徒歩2分
時刻表・・・・・・・・・・ここをクリックしてください
運賃(大人)・・・・・・・・徳島駅から、930円
運行に関するお問合せは・・・徳島バス運輸課 TEL(088)622-1811

【地図】
下記、地図を参考にご来園ください。
(ただ今工事中。 しばらくお待ちください。)
[PR]
by toku_pro | 2009-03-23 14:00 | とくしまの温泉
e0146338_11472289.jpg

【見どころ】
当社路線バスに乗車中、ふと横を見ると目の前に広がる、菜の花畑。ちょっと桜には早いこの時期に春の訪れを教えてくれます。 黄色い無数の花が寄り添って咲く迫力と安心感。 やっぱり春はやってきた。目の保養に、ちょっと横を向いてみよう。

【開催期間】
3月中旬~4月上旬まで

【お問い合わせ先】

【徳バスにのって観に行こう。】
運行路線・・・・・・・・・神山線、名東または延命経由
最寄のバス停・・・・・・・神山中学校前より、徒歩0分
時刻表・・・・・・・・・・ここをクリックしてください
運賃(大人)・・・・・・・・徳島駅から、980円
運行に関するお問合せは・・・徳島バス運輸課 TEL(088)622-1811

【地図】
下記、地図を参考にご来園ください。
(ただ今工事中。 しばらくお待ちください。)
[PR]
by toku_pro | 2009-03-22 11:44 | とくしまの花