徳島バスが応援するとくしまの情報ブログ!


by toku_pro
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28

<   2009年 02月 ( 7 )   > この月の画像一覧

畑名みそ

この度、畑名みそさんの『畑名みそ(赤みそ)、ゆずちりめんみそ』が、
徳島県が応援している『ええもん、ようけ。阿波の逸品』に選定されました。

明治初期の創業で、今は5代目と6代目が伝統の味を守り、受け継いでいくべく日々、奮闘中。 『味噌』。  されど、随所にこだわりをみせる。なかでも『大豆』。その大豆は北海道産・とよまさりを厳選使用し、しかも大豆を蒸さずに、薪に火をつけ釜で約5時間煮る。この方法を代々受け継ぐ。手間や時間はかかるが、この方法が一番とご主人(自信満々)。店の裏には薪の山。この薪も自分たちで山に行ってとってきて、自分たちで割る。  糀(こうじ)にもこだわる。創業のときは糀屋さん。だから糀もどこにも負けたくない。  薪で煮た煮豆大豆と、徳島県産のお米やお塩も使用。  醸造蔵で熟成され、こうやって、天然醸造の無添加のおいしい『お味噌』ができあがる。
全商品とも、市販のお味噌に比べたら減塩とのこと。またお店にお電話をくれたら、塩の濃度をお好みで調整してくれ、オリジナルブレンドのお味噌を作ってくれます。

『おかずみそ』も数多くラインアップ。
なかでも、『阿波の逸品』に選ばれた『ゆずちりめんみそ』もお勧め。勝浦でとれた「ゆず」と、和田島の名産(小松島市)「ちりめん」をみそとブレンド(取材班A)。
またただ今売り出し中、新商品『おっさんみそ』。みそに、鷹の爪ニンイクをまぜ、豚肉といっ
しょに炒めた商品。まさにビールのあて。おいしくいただいてます(取材班S)。
また使用する糀の量を多めにした『甘みそ』も登場。この商品は本店のみの販売となります。


じゃ~ん。。。やってまいりました、『畑名みそ』さん。
突撃取材に行ったのが、非常にお忙しい時期。
なんせお味噌にも仕込みの時期(12月~4月)があり、まっただ中。

(取材に行って気がつきました。すみません。ここであやまっておこう。)
(前日に明日取材に行きたいと言ったら、「うん、いいよ。」といってくれ、取材中もご家族
皆さんにやさしくしていただき、どうもどうも恐縮です。)



それでは、突撃取材の成果をどうぞ・・・・・。

こちらが入口となっております。   ↓ ↓ ↓
e0146338_1832334.jpg


取材が2月だったので、店先にはひな人形がお出迎えしてくれました。   ↓ ↓ ↓
e0146338_184829.jpg


ご自慢の商品ラインアップ。   ↓ ↓ ↓
なかでも、『畑名みそ(赤みそ)』と『ゆずみそちりめん』は、『阿波の逸品』に選ばれました。
写真に写っている『あまざけ』もお勧めです(取材班より)。日持ちは市販のものに比べたら短めですが、そのかわり味にこだわりました。味を優先したため、賞味期限は短めとなります。この味に感動し取材班Y、後日もう1本買いました。
e0146338_1842581.jpg


ただいま、売り出し中。 6代目、いちおしの『おっさんみそ』。    ↓ ↓ ↓
e0146338_1843763.jpg


こだわりの糀(こうじ)と6代目。   ↓ ↓ ↓
e0146338_1851849.jpg


皆で、商品のご紹介です。 こういうのには慣れてなくてって。ちょっと緊張気味。   ↓ ↓ ↓
e0146338_1853150.jpg


----------------------------------------------------------------------------------------

それでは場所のご案内です。
毎年2月に町内全体で開催されます、ひなまつり。ビッグひなまつり会場から奥座敷に向かう
途中の横瀬橋を渡ったら、ちょこっと右折。 お得な寄り道をどうぞ。
e0146338_22465484.jpg

場所  徳島県勝浦郡勝浦町横瀬
電話  0885-42-2789
FAX  0885-42-2889

紹介させていただきました商品は、一部の商品を除き、スーパーやとくとくターミナル(松茂)、よってネ市(勝浦町)、あいさい広場等の産直市でも買うことができます。また『畑名みそ』さんのHPからも購入できます。
詳しいことは上記にお電話ください。
[PR]
by toku_pro | 2009-02-26 17:29 | とくしまの特産品

脇町うだつの町並

脇町うだつの町並に行ってきました!

脇町うだつの町並は、
1988(昭和63)年12月16日に、「重要伝統的建造物群保存地区」として
全国で28ヶ所目の選定をうけました。

詳しくは美馬市のホームページにて歴史を知ることができます!

e0146338_10575515.jpg


e0146338_10553474.jpg


e0146338_1056370.jpg


この日は、吉田邸にて華道展「假屋崎省吾~飛翔~うだつをいける」が開催されていました!
e0146338_10563760.jpg


e0146338_10571100.jpg


近くに、「川田光栄堂」という菓子屋さんがあり、迷いなく立ち寄りました(´ρ`)
e0146338_10583277.jpg


メニュー豊富で、どれもおいしそう( ゚ρ゚ )アゥー
e0146338_10584871.jpg




【近くの観光地】
脇町の芝桜
あんみつ館
デ・レイケ公園


【徳島バス・四国交通(徳バス・グループ)にのって観に行こう。】
運行路線・・・・・・・・・徳島バス(高速バス)徳島-松山線、徳島-高知線
運行路線・・・・・・・・・四国交通(高速バス)大阪・神戸-阿波池田・井川線
最寄のバス停・・・・・・・脇町BSより、タクシー10分
時刻表・・・・・・・・・・(徳島バス)松山線高知線
時刻表・・・・・・・・・・(四国交通)大阪・神戸線
運賃(大人)・・・・・・・・松山駅から、3,300円。高知駅から、2,600円
運賃(大人)・・・・・・・・大阪駅から、4,000円。神戸駅から、3,600円
運行に関するお問合せは・・・徳島バス運輸課 TEL(088)622-1811


【地図】
下記、地図を参考にご来園ください。
(ただ今工事中。 しばらくお待ちください。)
[PR]
by toku_pro | 2009-02-23 21:30 | とくしまの町並

e0146338_11135729.jpg
【見どころ】
国指定特別天然記念物。 大正15年、内務省告示第58号をもって『クス』の代表的巨木として、国の特別天然記念物に指定されました。樹齢1000年以上と推定されています。
落雷や台風により最大70mもあった大枝の欠損や宅地開発により、樹勢が衰えた時期もありましたが、現在では、住民の保護活動がみのり、幹まわりはまだ成長し、16mを超えています。樹齢1000年を超える巨木にもかかわらず、幹はしっかりとしており、巨木特有の「むろ(空洞)」もなく、生命力・雄大さ・威厳と形容しがたいものを感じます。
「一樹にして森」といえる巨木。 さらに、高さ・横への広がり・幹まわり、どこをとっても完璧な姿。 必見です。


【開催期間】
撮影日 2009.02.21


【お問い合わせ先】
東みよし町


【関連項目】


【地図】
下記、地図を参考にご来園ください。
(ただ今工事中。 しばらくお待ちください。)
[PR]
by toku_pro | 2009-02-22 10:54 | とくしまの花

第10回 四国酒まつり

はいはいはいはい!久々の管理人Aです。
おはようございます!
 お昼の方はこんにちは~♪ 夜の方はこんばんわ~ヽ(´▽`)ノ

久々なので少しテンション高めです(-∀☆)


タイトルにもありますが、
今回は、徳島県三好市池田町にある、阿波池田商工会議所で開かれた
「第10回 四国酒まつり」へ行ってまいりました!。
タイトルどおり、四国県下の日本酒が大集合。徳島県の鳴門鯛・瓢太閤・今小町、香川県の金陵、愛媛県の梅錦、高知県の土佐鶴・・・・・・・・・・etc。  「さ~て、どれから飲もう。」と会場は熱気ムンムン。
e0146338_11133472.jpg


いやぁ、しかしすごい人でしたね~。11:00頃には会場満杯。昨年の倍の来客とのこと。
↓こんな感じ
e0146338_1114179.jpg


↓会場には、試飲できる日本酒がズラ~~リ。  順番待ちの列でいっぱい。  
 人気のお酒の前では、おかわりをする人で、前へ進めず。
e0146338_11162268.jpg


会場外には、利き酒コーナーもありました。 全問(4問)正解すると、認定証がもらえます。↓
e0146338_14451515.jpg


この会場の他にも、三好市を代表する酒蔵の今小町さん、三芳菊さん、芳水さんの酒蔵見学も可能です。e0146338_11322773.jpg


↓酒蔵では、振る舞い酒や甘酒が振る舞われ、またお土産までくれました。非常に得した気分。
e0146338_14445345.jpg


e0146338_11314631.jpg


芳水酒造さんへは、四国交通のボンネットバスで移動可能!
e0146338_11332023.jpg


どこへ行ってもお酒を飲むことが出来ました(# ゚Д゚)

ん?なんで(# ゚Д゚) ←こんな顔かって?

それはね(* ^ー゚)

管理人A 本日運転手

まぁ、いいんですよ。。。
なので、お酒の感想は飲んでないのでできないんですよっ(* ^ー゚)

じゃあ記事書くなって言われそうなのですが、
今回写真だけじゃないんですよ~♪
ある人に手伝ってもらってムービー撮影も行ってまいりました!
ぜひご覧ください!

写真では紹介できなかった、利き酒などもムービーで見ることができます♪

ムービーはこちら ⇒ 【四国酒まつりムービー

注:動画の再生には「Flash Player」のインストールが必要になります。
  ダウンロードにてインストールしてください。


------------------------------------------------------------------------------------------------------

今回、取材にまいりました会場の場所は地図をご参考に
e0146338_1335297.jpg



--------------------------------------------------------------------------------------------------------

またこのブログで、興味を持っていただきました皆さま、ありがとうございます。

会場へは、
徳島からはJR徳島駅等よりご乗車いただき、JR阿波池田駅までお越しください。会場へは徒歩約3分。
また、県外(大阪・神戸)の皆さま、朗報です。阿波池田駅前ターミナル発着の高速バスをご利用ください。
高速バスの時刻表・運賃等は、四国交通㈱がご利用いただけます。
四国交通㈱は当イベントにて、ボンネットバスも活躍中。
[PR]
by toku_pro | 2009-02-21 10:00 | とくしまのイベント
e0146338_14534674.jpg

【見どころ】
徳島県南で最も大規模な梅の名所として知られ、毎年時期になると、県内外から、また太龍寺(四国八十八ケ寺)へ参拝の途中、立ち寄られる観光客の方もいらっしゃるほど。
約50,000㎡の敷地に、鶯宿梅(おうしゅくばい)のほか、淋州梅(りんしゅうばい)、小梅、梅鶯(ばいおう)の4品種、約4,000本の梅が植栽されています。
県南に春の訪れを告げる行事となっています。
取材に行ったときは、紅白の梅が咲きほこり、辺り一帯に梅の香りがしていました。
また、メジロが枝から枝へ忙しく飛びまわっていました。
e0146338_14541696.jpg
e0146338_14542418.jpg
e0146338_14543378.jpg
e0146338_14545276.jpg
e0146338_1455187.jpg
e0146338_14551375.jpg
e0146338_14552236.jpg
e0146338_14553482.jpg
e0146338_1455445.jpg
e0146338_14555581.jpg
e0146338_145648.jpg


【開催期間】
(毎年)2月上旬頃~3月中旬頃

【お問合せは】
阿南市商工観光労政課  TEL(0884)22-3290

【徳バスにのって観に行こう。】
運行路線・・・・・・・・・丹生谷線のうち長生経由のみ
最寄のバス停・・・・・明谷梅林口より徒歩30分
時刻表・・・・・・・・・・・丹生谷線(長生経由)にご乗車ください
運賃(大人)・・・・・・・徳島駅から680円。南島から280円
運行に関するお問合せは・・・徳島バス運輸課 TEL(088)622-1811

【関連項目】
阿川(神山町)
観梅園(鳴門市)
入田(徳島市)

【地図】
下記、地図を参考にご来場ください。
e0146338_14374453.jpg

[PR]
by toku_pro | 2009-02-20 14:28 | とくしまの花
e0146338_1727516.jpg

【店主さまより、ご挨拶】
ほっこり美味しいお赤飯と手作り和菓子の専門店です。素材の持つ自然の味わいを大切する和菓子作りを目指して 徳島県の小松島市(地図)でがんばっております。 真心込めた手作りの和菓子をどうぞ御賞味くださいませ!

【店舗の紹介】
山陽堂・本店  小松島市南小松島町13-27  TEL:0885-32-1258
山陽堂HP  http://komatsushima.ne.jp/sanyodo/

【お菓子の紹介】
e0146338_1728332.jpg「旗山(はたやま)」

丁寧に折ち重ねたパイと、小松島が誇る特産品の『やまもも』の絶妙な調和のお菓子です。  
小松島には、源平の合戦に際し、源義経が弁慶らとともに勢合(せいごう)に上陸し、士気を高揚するために山の山頂に源氏の白旗を掲げた、旗山(はたやま)等の源氏ゆかりの地が数多くあります。

e0146338_1736519.jpg「はちはち狸 最中」

小松島市の中心市街地活性化検討会で企画された「はちはち狸事業」にちなんで、かわいいたぬき形の最中を新発売しました。

中はあっさり甘さの粒あんです。どうぞご賞味下さい。

e0146338_17281356.jpg「ひなまつり」

取材に2月に行ったので、2月の季節のお菓子です。 毎月季節のお菓子があります。

e0146338_17282398.jpg「梅大福もち」

梅をシロップにつけ、すっぱくなく、かといって甘すぎず。 いちご大福とは違う、おいしさがあります。


とくしま・和菓子屋日誌】・・・・日々、持ち回りで更新中。
徳島県の新銘菓チェーン共同ブログです。 新しい発見と出会いがあります。

【関連記事】
義経ドリームロード・旗山

【山陽堂さんへは(場所・行き方)】
場所・・・・・地図は、山陽堂HPをご参考に。
行き方・・・・・徳島駅から
(バス)南千歳橋下車、徒歩数分。
    『南千歳橋』は、橘・丹生谷・勝浦・春日野線の日赤経由にご乗車ください。
[PR]
by toku_pro | 2009-02-16 17:07 | とくしま甘味処
e0146338_1640314.jpg

【見どころ】
徳島県内には、源平の合戦に由来する史跡が数多く残っています。小松島市内にも散見され、源義経が屋島にむけ歩んだ道のりを『義経ドリームロード』と名付け、このゆかりの地をオリエンレーリング形式で周り、地域にある史跡・歴史にふれることができます。  
健康増進も兼ねていますので、3kmのコースと5kmのコースがあり、自分の体力にあわせ参加できます。 ゴールではぜんざいやゲーム等のお楽しみもいっぱい。  
いっしょに歩き、遠い昔にタイムスリップ。。。。。

e0146338_151206.jpg
菜の花も迎えてくれます。  
暖かい日曜日。



【開催期間】
平成21年2月15日(日)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・開催日時は毎年2月の第3日曜です(予定)。平成22年は、2月21日(日)予定
受付    9:30から
スタート  10:30から

【コース】
Aコース(約5km)・・・・・
  旗山→弦張坂→弦巻坂→弁慶の岩屋→新居見城跡→源義経公像→ゴール
Bコース(約3km)・・・・・
  旗山→弦張坂→弦巻坂→弁慶の岩屋→→→→→→→源義経公像→ゴール

【コースを写真で見てみよう】(Aコースです。全行程を歩くと)
e0146338_1543946.jpg集合。

義経太鼓や芝田小学校の児童による演奏等。
八千代連による阿波踊り。
(年により異なります。)

e0146338_1520946.jpg出発。

義経と静御前、弁慶を先頭に元気に出発。
義経と静御前は馬に乗って。

e0146338_1555327.jpg皆なもスタート。

菜の花畑の中を元気にスタート。 
ゴールを目指して、マイペースで。

e0146338_16412916.jpg弦張坂。

平家の兵の待ち伏せを警戒し、弦(つる)を張ったといわれています。

e0146338_16413978.jpg義経ドリームロード。


e0146338_1515779.jpgファイト。 

沿道からは梅の花や馬たちが応援。

e0146338_16414858.jpg弦巻坂。

平家の兵の待ち伏せがいないと判断し、張っていた弦を巻き戻したといわれています。

e0146338_16415654.jpg源義経上陸の地。

赤石駅近くにある、勢合(せいごう)にも上陸の地の石碑があります。

e0146338_16421254.jpg弁慶の岩屋。

古墳です。
しかし、地元では、7.5t~11tもある巨大な石で構築されているので、弁慶が作ったものだと信じ、また親しみをこめ、『弁慶の岩屋』と読んでいます。
なお、『義経の岩屋』も戦時中まではあったようですが、開墾と土砂の流出により現存していません。

e0146338_16422050.jpg義経ドリームロード。

Bコースではとおりません。

e0146338_16422961.jpg新居見城跡。

小松島に上陸した源義経一行を屋島までの道案内をした、近藤六親家一族の居城です。ここより出発し、上板町の大坂峠を越え、あの屋島の合戦の勝利へと続きました。

この城跡は旗山より少し離れているため、Bコースでは訪れません。

e0146338_16423676.jpg源義経公の像(旗山)。

讃岐の屋島に陣をはる平家を撃つべく、義経一行は摂津(大阪)の渡辺を5艘に別れ出発しました。
暴風雨にもかかわらずの出発だったため、6時間という短時間でしたが、予定地より南に位置する小松島に上陸しました。
そして軍勢をこの旗山に集結させ、士気を高揚するため、源氏の白旗を掲げました。


e0146338_15182049.jpgいちごハウス。
ミツバチも元気に飛び交ってます。 
も~すぐ、春♡。


e0146338_15183175.jpg菜の花。
旗山周辺や、沿道には菜の花がいっぱい。


e0146338_15191722.jpgゴールして。

ぜんざい・綿菓子に小学生は夢中。 皆なで一休み。。。。。
芝田婦人会の皆さま、ありがとうございました。


【集合場所】
旗山(小松島市芝生町)・・・・・下の地図参照。

【お問い合わせ先】
主催:芝田婦人会
後援:小松島市・小松島市教育委員会等

【徳バスにのって観に行こう。】
運行路線・・・・・・・・・下記地図の注意書きを参照してください
最寄のバス停・・・・・・・日開野・中ノ郷より、徒歩20分
時刻表・・・・・・・・・・ここをクリックしてください
運賃(大人)・・・・・・・・徳島駅から、日開野330円・中ノ郷270円
運行に関するお問合せは・・・徳島バス運輸課 TEL(088)622-1811

【関連項目】
山陽堂(旗山)・・・・・義経が陣をかまえた旗山にちなんだお菓子。また小松島市の特産物、『やまもも』を使用しています。

【地図】
下記、地図を参考にご来園ください。
e0146338_1640675.jpg

[PR]
by toku_pro | 2009-02-15 16:16 | とくしまのイベント