徳島バスが応援するとくしまの情報ブログ!


by toku_pro
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

<   2008年 05月 ( 11 )   > この月の画像一覧

このプロジェクトを開始して、すごくよかったと思った。
そんな一日でした。

なぜならば! うまかった!w

椿泊に到着するころには、予定より1時間ほど遅れており、
まず食事にと取材に入った民宿の「ゆきや荘」さん
e0146338_1158493.jpg

椿泊線(阿南バス)の終点から徒歩で15分ほどかかりますが、
風情ある街並みで時間は気になりませんでした。
e0146338_1202417.jpg

この場所は阿波水軍の本陣だったらしく、城もあったそうです。
松鶴城という城で、今は椿泊小学校になっています。
e0146338_1235991.jpg

さて、お腹もすいてきましたしお料理を(´ρ`)
ジャーン!
e0146338_1254059.jpg

ジャジャジャーン!
e0146338_1261563.jpg

ド━(゚Д゚)━ ン !!!
e0146338_1264395.jpg


まず一番に出た声が、
「え~と、、これ2人分ですかね?」 でしたw
とにかくすんごいボリュームです! 写真で伝わったかしら(;・∀・)

また、女将さんが、ステキな方でして料理に対しての熱意がものすごく伝わってきました!
照れ屋さんで ビデオレターは作れませんでしたが、いい場所、いい人、いい料理♪
ぜひ一度足を運んでみてください! 繰り返し行きたくなるはず(* ^ー゚)

このあとは、付近にある四国で最も東に存在する温泉
船瀬温泉」へ行ってきました♪
e0146338_12105630.jpg

温泉から見える景色は絶景ですよ~^^

絶景と言えば!
船瀬温泉からさらに奥へいくと、「蒲生田岬」があります!
ここも綺麗な場所でした! 個人的に、釣りが面白そうな場所でしたね~^-^w
e0146338_12145175.jpg

四国最東端の旅 みなさんも癒されにいきませんか~ヽ(´▽`)ノ

----------------------------------------------------------------------
映画「奇跡の海」の舞台となりました、蒲生田・伊島・椿・椿泊の地域の頭文字をあわせ、
KITTと総称しております。
この一帯にある風光明媚な「史跡」「寺社」「歴史遺産」「植物群落」「ウミガメ」をご堪能
ください。
道や露地は本当に車1台がやっと通ることができる狭さです。そのかわり隣の家が近い分だけ、映画に描かれた、住人どおしのつながりや温かさ・人情に触れることができます。

HP取材班より・・・・・・本当に行って良かったと思っております。

お問い合わせは、・・・・・
阿南市KITT賞賛推進会議
阿南市史編さん室
阿南市領家町本荘ケ内121 市立図書館内
0884-22-1573(火~土曜日午前中)
[PR]
by toku_pro | 2008-05-29 15:55 | とくしまの観光地

日本一低い山 弁天山

(管理人Aです。)ごめんなさい、最初行こうと言われたとき、
「また登山か~('A`)」と思ってました。

私の想像を絶する標高にびっくりしました!
e0146338_1149377.jpg

源義経が元暦二年二月(1185年)小松島田野町に上陸し、当山、南西の方上町所谷の山を越え、古戦場香川県屋島の壇ノ浦に、平家を討つため軍勢を進めたとの伝説があります。
其の当時この付近一帯は海であり、海中の小島であったが、室町時代に海水が引き湿地帯となり、小島が小山となり、水田開発が進み現在に至ったものと推測されます。
昔は海であった関係上、海の守り神、市杵島姫命(イチキシマノヒメノミコト)を神様として、厳島神社(弁財天)を当地に勧請されたと言われています。

古くより弁天様として、信者・村人達に親しまれて来ました。

北側の県道は江戸時代には、土佐街道と呼ぶ藩道でありました。

日本国内には他に、低い山(日本低山一覧表)2ヶ所ありますが、いずれも江戸時代に人工で造成した山であり、自然で古来よりある山では、弁天山(国土地理院認定)が日本一低い山となります。
弁天山公式ホームページより引用)
[PR]
by toku_pro | 2008-05-28 11:27 | とくしまの観光地

徳島県立文学書道館

徳島県立文学書道館は、文学館と書道美術館が複合された施設です。
e0146338_11392469.jpg

文学は心を言葉や文字にして伝え、書道は言葉や文字を形にして心を浮かびあげます。
ここは、言葉が溢れる「言の葉(ことのは)ミュージアム」。
徳島ゆかりの文学と書が織りなす豊かな知の世界が凝縮されています。
                         「徳島県立文学書道館ホームページより引用」


また書道館の近くに、興源寺があります。
e0146338_11413522.jpg

蜂須賀家歴代藩主の菩提寺。境内には20に余る巨大な墓石があり、
往時の栄華を物語っています。なかでもとりわけ目を引くのが、
第二代藩主・忠英の墓石で、高さ4.2mは日本全国でも有数のものです。
(徳島市ホームページより引用)

また、奥には「菖蒲」が咲いており、近くの幼稚園児たちで賑わっていました!
e0146338_11432240.jpg
[PR]
by toku_pro | 2008-05-27 10:00 | とくしまの施設

奥祖谷かずら橋

はぁはぁ、、、今日も歩いてきました運動不足の管理人Aです。
この日は「とくしまの特産品」にある、そば道場さんでそば打ち体験をしたあと、
奥祖谷かずら橋まで行ってきました!

が!
その前に、「落合集落」を見てきました!

2005年に国の重要伝統的建造群保存地区に指定され、
江戸の中期から明治期にかけて造られた斜面に建つ民家や石垣は
独特な工夫があり歴史的価値が高いもので、
指定を受けた中では最も急な斜面にある山村集落だそうです!
e0146338_1120015.jpg

こんにちわ~^^ と声をかけたくなりますが、、、
e0146338_11203473.jpg
実は「かかし人形」なんです!Σ(・Д・ノ)ノ

ここから一度折り返し、奥へ進み
奥祖谷二重かずら橋へ向かいました!
e0146338_11232573.jpg
(´;ω;`)ウッ…この坂を下りれば、上りで動悸息切れが、、、

などと、思いながら下りていくと
e0146338_11243984.jpg
おおお、ほんとに二重にかかってる!
ハイ、徳島県民でありながら初めて見ました! 感動です^^v

そしてもう少し奥に歩くと「野猿」なる乗り物が!
e0146338_1125582.jpg

新緑に包まれながら、かずら橋を渡ったり、野猿に乗ったり!
見るとこ、遊ぶとこ、食べるとこ!揃ってますね^-^


お手軽に、またボンネットバスでのご旅行は・・・・・
四国交通㈱
電話 0883-72-1231  まで

運行ルートは次のとおりです。
赤●が観光スポットです。  なおピンクの●は別の西コースが運行いたします。
e0146338_14103264.jpg

[PR]
by toku_pro | 2008-05-26 14:03 | とくしまの観光地

東祖谷~そば道場~

そば打ち体験ができる東祖谷の「そば道場」さん!
e0146338_10585948.jpg

やさしいご夫妻が打ち方を教えてくれます!
e0146338_10593982.jpg

e0146338_1102973.jpg

e0146338_1104686.jpg

今までは食べたことのない出来たての麺!しかも自作麺が食べられます♪
e0146338_111717.jpg


ぜひ、食べるだけでなく そば打ちを体験してみてくださいまし♪
[PR]
by toku_pro | 2008-05-25 12:55 | とくしまの特産品

大塚国際美術館

毎度いきなりの訪問で、施設を驚かせている
徳島バスのホームページ管理人SとそのシモベAです。

今回は大塚国際美術館さんに突撃!
鳴門公園の手前にあるこの美術館はとにかくデカイ!
一度、プライベートで行ったことがあるのですが、
絵をじっくり見てまわってると、それなりの時間がかかります^ー^
でも、どの作品も 満足できるものばかりで、飽きないと思います!
e0146338_1028290.jpg

e0146338_10302855.jpg

e0146338_10304860.jpg


【大塚国際美術館】
 http://www.o-museum.or.jp/japanese/index.html
[PR]
by toku_pro | 2008-05-22 10:32 | とくしまの施設
徳島市内の新町川沿いを散歩がてら歩く。
地方在住の管理人Aは、初めて夜に歩いたのですが、
想像以上に綺麗な町並みに感動しました。
e0146338_1484854.jpg

国道沿いに出てみると、
徳島県ならではの、オブジェが並んでいます。
e0146338_14142365.jpg


歩いているとどこからともなく、鳴り物が聞こえてきます。
8月の阿波おどり本番にむけて練習が始まったようですね^^
市内あちらこちらで、多数の連が練習を始めています。
e0146338_14161741.jpg

e0146338_8433762.jpg


e0146338_8441570.jpg


e0146338_84439100.jpg


e0146338_8445536.jpg

[PR]
by toku_pro | 2008-05-17 20:06 | とくしまの町並
大浜海岸に上陸したアカウミガメの産卵です。(2008/07撮影)
e0146338_15502910.jpg


徳島県にはアカウミガメが産卵のため上陸する海岸が数多くあります。
代表的な海岸に、蒲生田岬(椿町)、大里海岸(海陽町)、大浜海岸(美波町)などなど。

その中でも、カレッタ(海がめ博物館)や海がめ荘(宿泊施設)が併設されている大浜海岸(美波町)は大人気スポット。

カレッタ横には海がめの☎ボックス、また海がめ荘では宿泊中(睡眠中)に大浜海岸に海がめが上陸したら館内放送で起こしてくれるサービスまであります。


徳島県民は「海がめ」が大好き。この時期になるとテレビや新聞等での上陸状況が大変気になります。また県外からのお客さんや里帰りした孫に一度は見せてあげたいもの。
ただ・・・・、なんといっても自然のもの。好調な年、あまり上陸しない年と年によってもバラツキがあり、いくら数多く上陸する大浜海岸に行っても、残念ながら必ずしも見えるものではありません。



さて、そんな大浜海岸の海がめの上陸。
H20年より、うれしいサービスが開始されます。
なんと、「ウミガメール」。

説明しよう、「ウミガメール」とは・・・、大浜海岸で上陸を監視するウミガメ保護監視員が上陸を確認すると、メール(登録が必要)に「ウミガメが上陸した」お知らせを送信してくれるサービスである。
以前(H19年まで)は大浜海岸近くの城山の山頂に設けているライトの色で上陸を知らせていました。当然町外だと見えません。そこでより多くの人に見てもらおうと、H20年より、配信サービス「ウミガメール」が開始されました。


さてさてそこで、まずは会員登録。
①まずは「ウミガメールのアドレスumigamail599001@once.88island.jp」まで、空メールを送信しましょう。
②その後、配信されてくるメールのURLにアクセス(接続)しましょう。
③必要事項(4項目ぐらい)の質問があるので、入力しましょう。
④登録後、もう一度、登録完了メールが届きます。(これで登録完了。)

H22年は、5/20~8/20の期間のうち、20:00~翌日4:00までに上陸した際にメールが届きます。


なお観察中の注意事項ですが、
・監視員の誘導に従うこと
・フラッシュ撮影はやめましょう
・産卵中のウミガメの前に立つ(座る)のはやめましょう
・大声はやめましょう
・産卵は夜が多いので駐車場でも静かにしましょう

ウミガメは年に2回ぐらい産卵する個体もいます。
ウミガメは警戒心が強く、産卵の状況が悪かったら、次からはこの海岸にはやって来ません。
皆で、また産卵に来てくれるように努めましょう。

問い合わせは・・・・・
美波町産業振興課  0884-77-3617

--------------------------------------------------

管理人も、早速会員登録しました。

実際に届いたメールの内容です。(著作権違反なら削除します。)
(あくまでも、このブログをみていただいている皆さまに、こんな内容だよ、を伝えたいだけです。)

「海亀が産卵のため穴掘りを始めました。産卵開始まで約20分です。産卵時間は約30分です。産卵状況によりお越しいただいても産卵せず海へ帰る場合や終了している場合がありますので、ご了承ください。大浜海岸ではウミガメ保護監視員の指示に従い、マナーを守ってください。アカウミガメの写真撮影は禁止します。」

H20年は30数回メールが届きました。
メールが届くのが、21:00ごろだったり2:00・3:00ごろだったりで、起きて携帯をチェックしたらメールが届いていた、また同じ日に2・3回も届いていたなんてこともありました。このメールが届く(朝起きる)たびに、よかった上陸してと喜んでました。

---------------------------------------------------

さてさてさて、そんなこんなで、努力の結果。やっと産卵の撮影に成功。
撮影後、家に帰ったのは深夜。明日が日曜日でよかった。(あっ、今日か。)後はぐっすり寝ます。

ここからがこの記事の本番。写真・動画を数多くご用意いたしました。

フラッシュ撮影ができないため、黒くて見にくとは思いますが。ご了承を。
e0146338_15494920.jpg

人が映っていませんが、ウミガメの周りは人だらけ、今23:45ですよ。
中には、海がめ荘に泊っていたんでしょうね。サンダルばきの方・・・・・etc。


e0146338_155073.jpg


e0146338_15502049.jpg



産卵のシーンの動画は (ここをクリック) してくださいネ。


------------------------------------------

めでたくH20年は30数回の上陸回数を数え、また数多くのウミガメールを受信しました。
いいサービスですね。来年以降も美波町さん続けてしてくださいね。

さて産卵シーズンも無事終了。
今年(H20年)はたくさんの上陸が確認され、またたくさんの「産卵」が確認されたとの情報。来年も楽しみだ。

-------------------------------------------------------------------------

子がめの放流に関する記事は、(こちら)です。
[PR]
by toku_pro | 2008-05-16 14:54 | とくしまの観光地
はぁはぁはぁ、運動不足を痛感している取材班Aです。
こんな私、根っからの徳島人なのですが、今日初めて見る名所もありました!
e0146338_161944.gif

日常生活じゃ見落としてしまうような、何気ない飾りやアイデアに感動しました。

まずは徳島城博物館さん

徳島にまつわる企画展などを開催しています。
e0146338_15482763.jpg


博物館をあとにして次に「徳島城公園 鷲の門」にやってきました!
城はありませんが、堀や石垣が残っています!
e0146338_15522448.jpg

「鷲の門」という名前の由来は、建設に際し、幕府の許可を得やすくするため、
鷲の飼養所として届け出たことからその名があると伝えられています。
昭和20年の徳島大空襲によって焼失しましたが、平成元年徳島市制100周年を記念して復元されました。(徳島市ホームページより引用)

鷲の門を見たあと、両国橋をめざしました。
阿波おどりのブロンズ像を発見しました!
e0146338_15565542.jpg

ふと足元に目をやると!
e0146338_15573463.jpg

この普段気がつかないような飾りに感動しました!

またこの橋の下から「ひょうたん島周遊船」が出航しています!
e0146338_1604415.jpg

e0146338_161976.jpg


お次は「阿波おどり会館」へ
阿波おどりと言えばお盆の4日間のイメージが強いと思いますが、
ここにくれば1年中阿波おどりを楽しむことができます^-^ノ
また眉山山頂へのロープウェイも運行しています♪
e0146338_162355.jpg


眉山山頂
徳島市内に流れる新町川、一級河川吉野川を観ることができます!
e0146338_1052124.jpg


あと、夏だからか、ロープウェイのりばから山頂へ続く通路に、無数の風鈴が!
e0146338_10564474.jpg

少し歩くと、モラエス館があります♪
e0146338_10581757.jpg


さぁてラストスパート!
次は「錦竜水(きんりょうすい)」
最も良質な湧水として、藩主の飲料水に使われていた名水。上水道が普及するまでは、市民の飲料水としても売られていました。現在でも水を汲みに訪れる人が絶えません。(徳島市ホームページより引用)
e0146338_166342.jpg


すこ~し歩くと、映画「眉山」にもでてきた「和田乃屋」さんがあります。
滝のやき餅が名物となっております!
e0146338_10591592.jpg

涼しげな滝を見ながらやきもちを(´ρ`)
e0146338_1105421.jpg


さぁて徳島駅にかえるぞ~ってなわけで、新町橋に向かいました!
e0146338_16114491.jpg

むむっ なにやらむっくりと横に長い阿波踊りの絵が。。。
e0146338_16123223.jpg

その絵から視点を上にずらすと!
曲面になっている鏡にその絵が映り、ちゃんと「阿波おどりの絵」に!!
初めてみてかなり感動しました!

駅前に帰ってきました。
徳島駅 クレメントホテルを背にポストに目をやると、、、
e0146338_16151261.jpg

ここにも阿波おどりのブロンズ像が!!
うしろに見えるのは、左手が高速バス降車場、右手が路線バス降車場となっています。

迷ったときはコチラ!
徳島県観光協会の建物も徳島駅前ロータリー内にあります♪
e0146338_16164812.jpg


ウーンと唸ってしまうほど、短時間でみるものがいっぱいありました^-^
ぜひ「とくしま」へ 歩きにきてくださいませ♪
[PR]
by toku_pro | 2008-05-15 15:34 | とくしまの観光地

薔薇~藍住町バラ園~

e0146338_950389.jpg


5月10日~5月25日まで
藍住町にあるバラ園にてバラ祭りが開催中~♪


色とりどりのバラが見事に咲いておりました!

祭りが始まると人が多いと考え1日前に行ったにもかかわらず
大勢の人がバラを鑑賞されておりました^-^
e0146338_944308.jpg


e0146338_9501412.jpg





【地図】
e0146338_952682.gif

[PR]
by toku_pro | 2008-05-09 14:34 | とくしまの花