徳島バスが応援するとくしまの情報ブログ!


by toku_pro
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

カテゴリ:とくしまの町並( 3 )

e0146338_1612297.jpg

【見どころ】
脇町のうだつ、だけじゃない。  貞光にもうだつの町並みが今なお残っている。しかも『二層うだつ』。
『うだつ』の豪華さ絢爛さを堪能するなら、ここ。 町並みは電柱等もあり、若干、脇町ほど整備されていないが、うだつ一つ一つの創りはすごい。  まずは一見。見てみてください。 ファンフレット片手に歩いてみてください。

e0146338_16125937.jpg①二層厨子上下共切妻型

e0146338_1613880.jpg②単層二階切妻型

e0146338_16131866.jpg③二層厨子上下共切妻型

e0146338_16142614.jpg④単層二階切妻型

e0146338_1614367.jpg⑤単層厨子切妻型

e0146338_16144954.jpg⑥二層厨子上下共切妻型

e0146338_1615124.jpg⑦二層厨子上下共切妻型

e0146338_16151293.jpg⑧二層厨子上下共切妻型

e0146338_1637946.jpg⑨単層二階切妻型

e0146338_16153811.jpg⑩二層厨子上下共切妻型

e0146338_16155176.jpg⑪二層厨子上切妻下寄棟型

e0146338_16161371.jpg⑫二層厨子上切妻下寄棟型

e0146338_16162314.jpg⑬道しるべ

e0146338_16163553.jpg④海鼠(なまこ)壁

土蔵・塗屋などの外壁に方形の平瓦を貼り、その目地(めぢ)を漆喰で蒲鉾(かまぼこ)形に盛り上げたもの。

e0146338_16164843.jpg

磯(防火)

e0146338_16171640.jpg

いちょう
e0146338_16172930.jpg

白虎(あ・うん)

e0146338_16174233.jpg

鯉の滝登り(立身出世・防火)

e0146338_16175429.jpg

本家宇山(家号)

e0146338_1618667.jpg

松と鷹(魔除け・縁起)

e0146338_16181610.jpg

亀(長寿・防火)

e0146338_16183355.jpg

うだつの軒飾り(翁姥)



【開催期間】
通年
撮影日 2009.03.29


【お問い合わせ先】
■つだつの町並み
・・・・・・・・・・ つるぎ町役場 商工観光課  TEL: 0083-6293111
■永井屋敷 <入館無料>
・・・・・・・・・・ TEL: 0883-62-2018、休館日:毎月第3水曜日・年末年始、営業:9~17時
■織本屋  <入館無料>
・・・・・・・・・・ TEL: 0883-62-2009、休館日:毎月第3水曜日・年末年始、営業:9~17時


【四国交通にのって観に行こう。】
運行路線・・・・・・・・・一宇線
最寄のバス停・・・・・・・貞光北町・中町・南町
運行に関するお問合せは・・・四国交通本社 TEL: 0883-72-2171


【関連項目】
永井屋敷と(桃花遊々&月花遊々)
織本屋
吉良のエドヒガン桜


【地図】
下記、地図を参考にご来園ください。
e0146338_15212958.jpg



【パンフレットより抜粋と取材しての感想】
貞光は、江戸中期以降の郷町で、商業と交通の要衝として栄えました。昭和30年頃までは、葉煙草・繭等の収入で、日用品・薬品等を購入する人々で賑わい、脇町とならんで二大商業地を形成しました。一宇街道(剣山街道)沿には、現在も数多くのうだつを見ることができ、当時の繁栄が象徴されています。

『うだつ』は、当初の目的は防火・防風のための建造物でしたが、時代とともに装飾化され、特にその屋根の先端は人目につきやすいことから様々な工夫が凝らされてきました。 その装飾も、最初は鬼瓦を乗せる程度でしたが、さらに鳥衾(とりぶすま)・宝珠(ほうじゅ)・家紋で装飾させるようになりました。 

また、よく見ると、能の高砂の翁姥の装飾・亀・戎様等の装飾も現存し、夫婦和合・長寿・繁栄・商売繁盛等の願いが装飾されています。

また貞光の『うだつ』は、二層創りも現存し、二層厨子上下共切妻(寄棟)型・二層厨子上切妻下葦き下ろし型などなどの建築で、単層のものとあわせ、美しい町並みとなっている。 白壁そのものにも、「あ・うん」や「鯉の滝昇り」などの彫刻が施されたものもあり、アクセントとなっていて、見ていておもしろい。 平成の時代と変わってきたが、よく残っているものだ、また脇町のように残るようにしてほしいものだと思った。
[PR]
by toku_pro | 2009-03-27 15:08 | とくしまの町並

脇町うだつの町並

脇町うだつの町並に行ってきました!

脇町うだつの町並は、
1988(昭和63)年12月16日に、「重要伝統的建造物群保存地区」として
全国で28ヶ所目の選定をうけました。

詳しくは美馬市のホームページにて歴史を知ることができます!

e0146338_10575515.jpg


e0146338_10553474.jpg


e0146338_1056370.jpg


この日は、吉田邸にて華道展「假屋崎省吾~飛翔~うだつをいける」が開催されていました!
e0146338_10563760.jpg


e0146338_10571100.jpg


近くに、「川田光栄堂」という菓子屋さんがあり、迷いなく立ち寄りました(´ρ`)
e0146338_10583277.jpg


メニュー豊富で、どれもおいしそう( ゚ρ゚ )アゥー
e0146338_10584871.jpg




【近くの観光地】
脇町の芝桜
あんみつ館
デ・レイケ公園


【徳島バス・四国交通(徳バス・グループ)にのって観に行こう。】
運行路線・・・・・・・・・徳島バス(高速バス)徳島-松山線、徳島-高知線
運行路線・・・・・・・・・四国交通(高速バス)大阪・神戸-阿波池田・井川線
最寄のバス停・・・・・・・脇町BSより、タクシー10分
時刻表・・・・・・・・・・(徳島バス)松山線高知線
時刻表・・・・・・・・・・(四国交通)大阪・神戸線
運賃(大人)・・・・・・・・松山駅から、3,300円。高知駅から、2,600円
運賃(大人)・・・・・・・・大阪駅から、4,000円。神戸駅から、3,600円
運行に関するお問合せは・・・徳島バス運輸課 TEL(088)622-1811


【地図】
下記、地図を参考にご来園ください。
(ただ今工事中。 しばらくお待ちください。)
[PR]
by toku_pro | 2009-02-23 21:30 | とくしまの町並
徳島市内の新町川沿いを散歩がてら歩く。
地方在住の管理人Aは、初めて夜に歩いたのですが、
想像以上に綺麗な町並みに感動しました。
e0146338_1484854.jpg

国道沿いに出てみると、
徳島県ならではの、オブジェが並んでいます。
e0146338_14142365.jpg


歩いているとどこからともなく、鳴り物が聞こえてきます。
8月の阿波おどり本番にむけて練習が始まったようですね^^
市内あちらこちらで、多数の連が練習を始めています。
e0146338_14161741.jpg

e0146338_8433762.jpg


e0146338_8441570.jpg


e0146338_84439100.jpg


e0146338_8445536.jpg

[PR]
by toku_pro | 2008-05-17 20:06 | とくしまの町並