徳島バスが応援するとくしまの情報ブログ!


by toku_pro
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

渭東ねぎ ~いとうねぎ~

e0146338_10212179.jpg【第一号。】 
 徳島が誇るブランド商品には、『鳴門金時』、『阿波牛』、『阿波尾鶏』、『阿波ポーク』・・・・・etcと、今では数多くありますが、これらに先駆け、第一号として登録され、また四国においても第一号に登録されました『渭東ねぎ』。

 徳島&四国を代表する「地域団体商標(地域ブランド)」第一号、『渭東ねぎ』のご紹介。
 

 ←かわいらしい、渭東ねぎのキャラクターです。

 


【渭東ねぎの生産地】
e0146338_10351551.jpg

 JR徳島駅より東へ数km。目指すは、沖洲方面・渭東地区。 目の前には紀伊水道や和歌山と徳島を航路で結ぶ、南海フェリーのりば。 車を走らせ、窓をあけているとわかる『ねぎ』のにおい、渭東地区に近づいた。それだけ、他のねぎ比べ香りが非常に強い。 
 徳島県で生産される青ねぎの約8割を占める『渭東ねぎ』。産地である渭東地区では、87戸の生産者によりブランド品目である「渭東ねぎ」を栽培し、主に京阪神市場と徳島市場へと出荷される。
 
 『渭東ねぎ』の特徴は、この非常につよい香りと甘み。そして60cm~70cmと、他のねぎ比べ背が高い。家の庭で栽培しているねぎの大きさでは、まだまだ短い。 出荷できるまでに3~4カ月かかるとのこと。

e0146338_10331854.jpg

e0146338_10333618.jpg


【ブランドを守る】 ~親・先輩たちに感謝しながら~
e0146338_10335553.jpg

 地域ブランド第一号、『渭東ねぎ』を守るため、力を入れているのが、「客土」。 砂地で栽培するため、風や台風、雨で砂が流れ、畑地がやせる。畑地がやせないように2~3年ごに土入れが必要となる。 この手間、労働をおしまない。 この土入れがおいしいブランドを守る。そしてここまでこれたのも、親をはじめ地域の先輩たちの努力のおかげ、とのこと。 この品質により、どの市場からも評価が高い。


【中山さん(生産者)からメッセージです。】・・・・・緊張ぎみ。そこはご愛嬌で。
(ここ)をクリックいただきますと、生産者よりの熱いメッセージが。 ぜひご視聴ください。


【効能】 (JA徳島市HPより)
 ねぎの原産地は中国と推定されており、「体を温め、疲労を回復する薬用植物」とされてきました。ねぎにはカロチンが非常に多く含まれ、その働きによりがん予防の効果の他、葉の部分には、カロチン、ビタミンCが含まれ、大変風邪予防の効果があると言われています。また、ネギ特有のニオイ成分は、消化液の分泌を促し、食欲を増進させ、疲労回復に大変効果があるとされています。


【青ねぎ(渭東ねぎ)のアイデア料理】 (JA徳島市HPより)
・・・・・JA徳島市HPには、渭東支所青ねぎ部会&渭東支所女性部により考案されました、14品目の青ねぎのアイデア料理&レシピ、作り方が紹介されています(4人前)。さっそく、レッツ・チャレンジ。
レシピは、JA徳島市HPのTOPページにある特産品タグをクリックし、次にねぎをクリックすると見ることができます。

そのなかから一部ご紹介。
e0146338_10432023.jpg「押し寿司」

e0146338_10433117.jpg「コンニャクと茹でねぎ」

e0146338_10434426.jpg「ねぎ餃子」

e0146338_1043552.jpg「タコねぎ」

[PR]
by toku_pro | 2010-01-15 17:02 | とくしまの特産品